次期販売モデルはiphone7sなのか

subpage1

毎年夏ごろから次期発売モデルにどのような機能が搭載されるのかや、名称はどうなるのかなど話題になっています。



これまでの傾向では隔年でフルモデルが行われています。

あなたの知らないYOMIURI ONLINEについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

今年は前年にフルモデルチェンジがが行われたことから機能のアップデートのみが行われると想定されています。

前年の名前を引き継ぐ傾向にあることからiphone7sになると言われています。
iphone7sではどのようなアップデートが行われるのかをいくつか検討してみましょう。


1、防水機能が強化されプールでも使用ができるようになる2、背面カメラレンズが2つ搭載される3、カラーバリエーションが大幅に増えるそれぞれ具体的に考えていきます。
1、日常防水程度の性能では実用性がないと言われていました。
長時間プールで使用していても故障しない性能までアップグレードされると言われています。
iphone7sはフルモデルチェンジと思わせるような進化があります。2、カメラレンズが2つ搭載されると言われています。前年は上位機種のみに搭載されていましたが、全ての機種につくとされています。これまでは撮影できなかった今にも動きそうな画像をスマートフォンで撮れるようになります。



3、カラーバリエーションが増えることで新規ユーザーを獲得しようとしているとされています。
これまでは選択肢が少なかった為に新規ユーザーを獲得できませんでした。他社に流れるのを防ぐ狙いもあると言われています。

学ぼう携帯の事

subpage2

iphone7sは機能美に優れたデザインを持っています。他のスマートフォンもまた美しいフォルムを持っていますが、アップルブランドの製品のような黄金比は持っておらず、人の感覚に訴えかけるデザインではありません。...

next

携帯の話

subpage3

iphone7では、日本国内のクレジットカードや、交通系プリペイドカードに対応したApplePayの採用が大きな話題となったのも記憶に新しいところですが、この機能は近距離無線規格の一種であるNFCを利用してます。クレジットカードなどに搭載されているICチップと通信を行い、データの転送が行われることで、ApplePayの機能を実現しており、当然iphone7sでも、その機能は引き継がれます。...

next

携帯の常識

subpage4

これまでのiphone4以降のシリーズでは、モデルナンバーの付いた製品がリリースした後で、マイナーチェンジをしたsの付いたモデルがリリースされており、一つ前のiphone6とiphone6sでは、本体のサイズやデザインは全く同じですが、チップセットがA8からA9に変更され、処理能力が大幅にパワーアップするなどしたことから、iphone7sも、iphone7のデザインを継承しつつ、パワーアップすることが予想されています。もっとも、一方でリリースされるiphone8が、ハイエンドモデルになるという位置づけから、iphone7sは、スペックも、価格帯も、7と8の中間程度のラインの製品になることは間違いなく、利用目的に合致し、少しでもリーズナブルにiphoneの優れた性能を体感してみたいというユーザーにとっては、iphone7sが、ちょうど良い製品となり得る可能性を秘めています。...

next

携帯の情報まとめ

subpage5

これまでのiphoneは、モデルチェンジのたびにチップセットが刷新され、iphone6ではA8、iphone6sではA9が採用されました。そしてiphone7ではA10が採用され、チップセットのモデルナンバーがひとつずつ上がるパターンが続いていましたが、次期モデルのiphone8ではA11の採用が予想されていることから、7と8の間に位置するiphone7sで採用されるチップセットに注目が集まっています。...

next